やっぱり「モーニン」!

今晩は!
以前紹介したモダンジャズの名盤「モーニン」について
もう一度紹介します。
先ずは演奏メンバーですが
トランペットは      リー・モーガン
テナーサックスは   ベニー・ゴルソン
ピアノは         ボビー・ティモンズ
ベースは        ジミー・メリット
そしてドラムは御大   アート・ブレイキー
と言う面々です。
どの曲をとっても、どファンキーな物ばかり
勿論、表題曲の「モーニン」が一番でしょう!
それから「ブルース・マーチ」という曲もヒットしました。
ブレイキーのスネアドラムが刻むマーチのリズムによる
イントロからググッと引き込まれて行きますよ!
お勧めのアルバムです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック