忘れてはならないモダンジャズの名盤中の名盤!

画像
超久し振りの名盤紹介をします。
僕の大好きな、そして僕をジャズ狂の道へと引きずり込んだ、名ドラマー、アート・ブレイキーの名盤中の名盤を紹介します。ファンキー・ジャズの代表のような作品です。
アルバムタイトルは「モーニン」演奏曲目は 1.モーニン 2.アー・ユー・リアル 3.アロング・ケイム・ベティ 4.ドラム・サンダー組曲 5.ブルース・マーチ 6.カム・レイン・オア・カム・シャイン
以上の6曲です。
グループ名はアート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズ
演奏メンバーは トランペット=リー・モーガン テナー・サックス=ベニー・ゴルソン ピアノ=ボビー・ティモンズ ベース=ジミー・メリット そしてドラムスはリーダーのアート・ブレイキーです。
1958年の録音ですが、1960年代初頭のファンキー・ブームの火付け役にもなったタイトル曲の「モーニン」はそば屋さんの出前持ちが配達中メロディを口ずさんだりしていたほどの流行ぶりでした。このアルバムには入っていませんが、「チュニジアの夜」と言う曲のドラム・ソロには、僕はもう夢中で聴きまくったものでした。
お勧めのアルバムです。是非聴いてみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

となこ
2005年09月20日 06:16
キターーーー!!!
って感じですね!!
久々にジャズ聴いていみようかな・・・。
八尾虎
2005年10月08日 07:20
となこさん!おはようございます。
RES遅くなって御免なさい。
パソコンの調子は如何でしょうか?
早く治ると良いですね!
又ここを再開出来る事になりましたので、これからもよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック